工事中

 

もはや悪魔の所業だ。

この一年、コロナ狂騒劇を傍観し、冷笑し、非難もしてきたが、もはや黙過できない次元に突入した。

なんと、正体不明の、百害あって一利ないいわゆる「ワクチン」なる物体を、我々の子どもたちに注入しようというのだ。これはもはや、人間の仮面を被った悪魔の所業だ。そもそも、日本では、コロナ自体特筆すべき被害は出ていない。

無能な政府、情報更新、最新の知識、研究結果の獲得がなされない、これまたいわゆる「専門家」会議、そしてマスコミ。

政府、「専門家」、マスコミのすべてが、コロナと「ワクチン」の真実を知ってか知らずか、揃いも揃って隠蔽し、正しい情報を供給せず、誤った認識に基づいて、国民に施策を課し、殺人の共同謀議を行っている。これは陰謀論ではない。国家が総がかりで国民を殺しているのだ。

大人が自ら選んだ政府を妄信し、その政策を甘受し、不幸や死を甘受しているだけなら、我関せずと傍観もできる。しかし、こともあろうに、何の責任もない我が子孫たちに、得体のしれない物質を注入しようとしているのだ。もはや、人間の為す行いではない。サタンかベルゼブブの仕業である。

前述の三者、そして製薬会社を妄信するものは、自らの選択と決断の結果を受け入れればよい。

しかし、その子らに何の責任、とががあろう。

後世のため、この一年のデタラメぶりを列挙しておく。知恵と心ある大人たちよ、努々こどもに災厄を及ぼすなかれ。

 

知識の出典は、順天堂大学特任教授奥村康氏、大阪市立大学名誉教授井上正康氏、東京理科大学名誉教授村上康文氏、京都大学大学院特定教授上久保靖彦氏、徳島大学名誉教授大橋眞氏、自由が丘クリニック柳澤厚医師等の論説である。

2019年11月頃 中国内陸部で弱毒の新型コロナS型発生。

2020年1月頃 S型が強毒のK型に変異

2020年2月1日 欧米がロックダウン。日本は門戸を開放したままで、春節に伴い約100万人の中国人が来日。

         この差異により、日本にはK型が上陸したが、欧米には上陸しなかった。

2020年3月 外国人の日本入国禁止。コロナG型に変異。

                       弱毒S型から、いきなり強毒G型が上陸した欧米では、抗体の更新が順次行われず、大規模な被害を出す。

                    S型→K型→G型と、順次流入した日本では、抗体の更新が自然に行われ、ほとんど被害出ず。但し、マスコミは針小棒大に報道。旧型コロナ風邪やインフルエンザを超える被害を出した

                       データは、いまだにない。皆無である。今からでも遅くない、新型コロナを未だかつてない恐ろしいウイルスというなら、その特有性を示すデータを示してほしい。

2020年6月 京都大学大学院、上久保靖彦先生がインフルエンザの流行曲線の分析から、ウイルス干渉が起こっている事実を発表。よって日本人の多くは新型コロナウイルスに曝露し、集団免疫が   

                       完成しつつある旨発表。記者会見を開いたが、テレビ局は取材報道せず黙殺。

      的外れな上久保説批判がYouTube上で散見される。上久保説は「これから何もしなければ」11月にピークアウトし終息すると言っているにもかかわらず、三密回避、マスク着用、巣籠  

                      推奨、人流抑制、学校休校、在宅勤務推奨、旅行抑制、飲食店休業要請を行い、ウイルス曝露を回避させたため、11月に終息しなかったのだ。つまり、前提が崩れているため、この年

                      11月に上久保先生の言われたシナリオは実現しなかったのだ。著名な医者や、評論家の浅はかな理解に基づく批判、こともあろうに上久保先生の人格批判は、万死に値するミスリードで

                      ある。ちなみに、上久保先生は、厚労省の圧力に依り、反論も意見表明も禁止された。滝川事件と比較して、何とお粗末な学会であろう。政府と反対の意見として弾圧されたにも拘ら

                      ず、沈黙し、服従したのである。歴史に残る汚点であろう。学会やマスコミの矜持はここに自殺したのである。  

2020年8月 東京理科大学村上康文先生が抗体検査を都内で行い、ほとんどの検体でIgG抗体の上昇をみた旨発表。これに対し、厚生労働省の抗体検査では抗体保有率0.1%という、村上先生の調査

                       とは、天と地ほどの違いある結果を発表。厚労省の検査は100%インチキである。抗体を保有していても、調査時点で感染していなければ抗体の産生はない。これをもって、抗体の保有

                       はないと結論付けている。全くナンセンス、非科学であり、恐怖を煽り国民抑圧状態を継続したい、もしくはワクチンを打たせたいがための、暴論であると思われる。

      初感染の場合、まずIgM抗体が産生され、時間をおいてIgG抗体が産生される。しかし、一度感染していれば免疫記憶に依り、再感染時にはIgM抗体とIgG抗体が、ほぼ同時に産生され

                       る。この現象を村上先生はとらえ、都民の検体ほとんどで、同時産生を確認したのだ。この時点で、国は国民抑圧状態を継続し、もしくはワクチン接種を行わせる意思と計画を有して

                       いたことになる。恐るべき事態である。     

 

 

 

 

お問い合わせ先: 

呉PASS出版

電話: (0823)34-3635

住所: 737-0922 広島県呉市栃原町306番

E-Mail  saizensen1941@yahoo.co.jp

 

メール又はお電話によりご注文いただけましたら、郵便振替ご利用いただけます。

カード使用できない方は、メール又はお電話でお願いいたします。

 公費購入に対応いたします。

 


特定商取引法に基づく表記

販売業者名  呉PASS出版

代表責任者名  岩崎良二


所在地  〒737―0922 広島県呉市栃原町306番
電話番号  0823-34-3635
電話受付時間  9:00~17:00

メールアドレス  saizensen1941@yahoo.co.jp
ホームページURL  http://www.kure-pass.com/

販売価格  各商品ページをご参照ください。

商品代金以外の必要料金  なし
送料   無料
振込の場合、振込手数料、代引きの場合代引き手数料がかかります。

お届け時期  入金確認後、直ちに商品を発送いたします。

お支払方法  クレジットカード、銀行振込、郵便振替など お申込みの有効期限7日以内にお願いいたします。
7日間入金がない場合は、キャンセルとさせていただきます。

返品・交換・キャンセル等  商品発送後の返品・返却等はお受けいたしかねます。
商品が不良の場合のみ交換いたします。キャンセルは注文後24時間以内に限り受付いたします。
返品期限  商品出荷より7日以内にご連絡下さい。

返品送料  商品に不良品の場合は弊社が負担いたします。それ以外はお客様のご負担となります。

 


アクセスカウンター