準備中

ナチス関連本を、Amazon、ラクマ(楽天)は販売禁止にする流れとなり、YouTubeも、ヒトラーの演説などの削除を進めている。

その趣旨を理解しないわけではないが、2000年代を通じてその動きは顕著となった。しかし、恐るべき虐殺国家は我国のとなりにある中国である。文化大革命以来、2500万人の自国民を粛清また死に追いやったと言われている。さらに、今まさに新疆ウイグル自治区、チベット自治区、南モンゴルなどで、殺害、拷問を含む弾圧を行っている。

ハーケンクロイツには敏感に反応し、五星紅旗に反応しないのは、洗脳、プロパガンダの賜物だ。

スターリン時代のソ連、ポルポト時代のカンボジア、さらに言えば、英国によるアボリジニの絶滅、米国によるインディアン虐殺、黒人奴隷及び圧殺、そして日本人に対する空爆と原爆投下。共産主義国家の行った粛清。枚挙に暇がない。

なぜ、それらに関する書籍などは、抹殺されず、ナチス、ヒトラー関連のみが抹殺されるのか、私には理解できない。

ワシントンも、ジェファーソンも、奴隷所有者である。彼らやスターリンや毛沢東、トルーマンの書籍はいいのか。共産主義の本はいいのか。原爆開発者の本はいいのか。

白人の植民地支配、奴隷制、また共産主義下で殺された人々、これらの罪は、人数で計れないしても、圧倒的ではないか。

ヒトラーやナチスを血祭りにあげたところで、人類の黒い歴史は消えはしない。

もちろん私は、これらの書籍を焚書せよと言っているのではない。

 

やはり、すべて残すべきではないか。未来の良識を信じて残すべきではないか。

ナチスに関して言えば、なぜユダヤ人を虐げたのか、国民の多くの賛同を得たのはなぜなのか。それは知らなければならないと考える。

ヒトラーやナチスが絶対悪だ、とは思考停止であり、その思考停止を推し進める流れには、微力ながら抗したい。

80年も前の本を焚書にするのではなく、焦眉の急は中国による少数民族弾圧問題である。

ヒトラー、ナチスを相対化し、現在進行形の民族弾圧から目を背けないよう、諸国が行った人種差別、民族弾圧を忘れないよう、全てを同列の暗黒史としてとらえるため、ヒトラー、ナチス関連本の復刻を行う。

我々日本人は、アメリカの行った都市空爆と原爆投下は絶対に忘れてはいけないのだ。それらは、ヒトラーでもナチスでもなく、自由と民主主義の国アメリカが行った、死者50万人にも及ぶ虐殺行為なのだ。

 

そもそも議論を封殺する動きは、真実を糊塗する為ではないか。

日本では、南京大虐殺、「従軍慰安婦」問題、徴用工問題、また核武装の問題なども、議論しようとするだけで政治家の首が飛んだ。

結局は真実の露見を恐れる勢力の陰謀だった。'90年代まで、北朝鮮の拉致問題さえタブーであったのだ。

翻ってドイツを見ると、ヒトラー、ナチス問題の再検討は許されない。それは真実を糊塗する為ではないかと考えるのが、同じ敗戦国であり、歴史を書き換えられた国どうしの、真実への姿勢ではないか。そう考え始めている。ユダヤ人の迫害は確かにあった。だが、「絶滅収容」「ガス室での虐殺」の議論、再検討を禁ずるのは行き過ぎである。大いに議論すればいい。

ヒトラー、ナチス側の言い分も聞かなければ、真実を明らかにすることはできまい。ヒトラー、ナチスの再検討、再吟味は、其の正当化とは全く無関係なのだ。

それを遮るものは、陰謀と考えて差し支えあるまい。

発売予定 「アドルフ・ヒトラー演説集」

現在資料を収集、整理、編集中です(2021/04現在)。戦前にはたくさん出版されていましたが、戦後は皆無です。

収集した演説集を、時系列に整理し順次出版予定です。

全3~4巻となる予定です。「我が闘争」やこれらの演説を読んでから、批判すべきではないでしょうか。

メディアや社会的に作られたイメージで歴史を語るのは、わが国でも長らく行われ、その歪曲の危険性は学習済みのはずです。

ナチスやヒトラーに関しても全く同じ構図で、印象操作されています。


商品名

Amazon焚書図書。A5版、442頁、横書。昭和18年、内閣企画院の外郭団体、財団法人東亜研究所が訳出した「我が闘争」の復刻。日本政府の公式訳という事になる。当時、抄訳は発売されていたものの、全訳は本書が唯一である。しかし、日本人に関する箇所が面白からぬという理由で、やはり、一般への流通は行わず、限定500部のみが政府関係者の間で配布された。そのため、古書としても出回らず、公立図書館の蔵書としても皆無である。大変貴重な図書の復刻である。訳は、戦前とは思えない軽妙な語り口で、一気に読ませる名訳である。現在では不穏当な表現も多岐にわたるが、当時の日本政府が「我が闘争」をどのように受容したのか、その一端を垣間見せる大変貴重な資料として、そのまま掲載した。ややもすれば、我々日本人は、戦前、戦中、白人から人種差別をされていた「事実」を忘れてしまう。ヒトラーの語る人種感は、現代では紛れもない人種差別であるが、当時は、我々日本人を含む有色人種は、激しい差別にさらされていたことは歴史的事実であり、大東亜戦争の遠因ともなった。この書を抹殺することは、白人全体が、有色人種を差別していた事実まで隠ぺいすることにならないか。そのような問題意識から、この度の復刊となった。

¥0

  • 在庫切れ

お問い合わせ先: 

呉PASS出版

電話: (0823)34-3635

住所: 737-0922 広島県呉市栃原町306番

E-Mail  saizensen1941@yahoo.co.jp

 

メール又はお電話によりご注文いただけましたら、郵便振替ご利用いただけます。

カード使用できない方は、メール又はお電話でお願いいたします。

 公費購入に対応いたします。

 


特定商取引法に基づく表記

販売業者名  呉PASS出版

代表責任者名  岩崎良二


所在地  〒737―0922 広島県呉市栃原町306番
電話番号  0823-34-3635
電話受付時間  9:00~17:00

メールアドレス  saizensen1941@yahoo.co.jp
ホームページURL  http://www.http://www.kure-pass.com/

販売価格  各商品ページをご参照ください。

商品代金以外の必要料金  なし
送料   無料
振込の場合、振込手数料、代引きの場合代引き手数料がかかります。

お届け時期  入金確認後、直ちに商品を発送いたします。

お支払方法  クレジットカード、銀行振込、郵便振替など お申込みの有効期限7日以内にお願いいたします。
7日間入金がない場合は、キャンセルとさせていただきます。

返品・交換・キャンセル等  商品発送後の返品・返却等はお受けいたしかねます。
商品が不良の場合のみ交換いたします。キャンセルは注文後24時間以内に限り受付いたします。
返品期限  商品出荷より7日以内にご連絡下さい。

返品送料  商品に不良品の場合は弊社が負担いたします。それ以外はお客様のご負担となります。

 


アクセスカウンター